若返りに効くサプリ成分「アスタキサンチン」とは?

 

最近よく耳にするようになった「アスタキサンチン」。

 

若返りにいいとされている成分なので、その効果についてまとめてみました。

 

 

アスタキサンチンの若返り効果

 

抗酸化力

アスタキサンチンといえば、その強力な抗酸化力で有名です。

 

抗酸化力が強いので、体内で発生した活性酸素を除去して、体の酸化(老化)を防いでくれます。

 

活性酸素は「人体の老化の根本原因」ともいわれているので、若返りを目指すなら対策は必須ですよね。

 

アスタキサンチンの抗酸化力は、ビタミンCやコエンザイムQ10よりも強いと言われています。

 

ちょっと話が逸れますが、鮭の身が赤いのはアスタキサンチンを含んでいるからなんだそうです。

 

鮭はマスの仲間でもともと白身の魚なんですが、海でエサ(アスタキサンチンを含む藻)を食べて体を赤くして、抗酸化力を蓄えてから、川での過酷な産卵に臨むんだとか。

 

産卵のときは紫外線を浴びながら、川の流れに逆らわなくてはいけませんからね。

 

自分の身を守って無事に産卵するためには、強力な抗酸化力が必要なんですね。

 

 

眼精疲労の軽減

アスタキサンチンは眼精疲労の軽減・予防にも効果的とされています。

 

現代人はパソコンやスマホ、タブレット、TVなど1点を見続けることが多く、無意識のうちに眼精疲労を引き起こしてしまっていますが、眼精疲労は、実は美容上も良くありません。

 

目元の筋肉の血流を悪くして、目元の皮膚のハリ・弾力をなくし、クマやたるみの原因をつくってしまいます。

 

目元の印象は大事ですから、スマホが手放せない人やパソコンを良くする人、TVを見るのが大好きな人は、眼精疲労の予防・軽減のためにもアスタキサンチンを取りいれてみてはいかがでしょうか^^

 

 

アスタキサンチンの摂取目安量

 

アスタキサンチンの1日の摂取目安量は、3~6mg程度ほどです。

 

サプリのほかには、食べ物でも摂取することができます。

 

アスタキサンチンを含む食材

紅鮭、いくら、すじこ、オキアミなど

 

でも、毎日これらを食べるのは難しいと思うので、やっぱりサプリに頼るのが良さそうですね(‘ω’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です